写真特集:イランの観光地を巡る

ペルセポリスの「光の神殿」。ダレイオス1世が宮殿として私的に使っていた。磨かれた壁が明るく輝いており、内部のもの全てを照らすようであったことから、この名で知られるようになった

ペルセポリスの「光の神殿」。ダレイオス1世が宮殿として私的に使っていた。磨かれた壁が明るく輝いており、内部のもの全てを照らすようであったことから、この名で知られるようになった

イラン行きの航空機で最近、乗客が増えてきた。対イラン経済制裁が解除されるとの期待感から、ビジネス関係者がテヘランに向かっている。フランクフルト、ローマ、イスタンブールなどで運航されているイラン直行便でも、観光客が増加しているようだ。CNN取材班が現地を取材した

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]