写真特集: コンゴで新種のサル発見か

米国の研究チームがアフリカのコンゴ(旧ザイール)で新種のサルを発見した。コンゴ中部ロマミ盆地の森林に生息するオナガザルの一種で、大きな目とピンク色の顔、ふさふさした黄金の毛を持つ。フクロウグエノンに似ているが、外見に大きな違いがあるという。コンゴの森林を調べていた調査団が、近隣の集落で見たことのないサルが民家につながれているのを見つけた。森で母ザルがハンターに殺された子ザルを、地元の少女が引き取り、ペットとして飼っていたという。このサルは地元の人たちの間で「レスラ」と呼ばれ、ハンターにはよく知られた存在だという

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]