火星表面に落ちていた謎の「ひも」、NASA探査車が発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
探査車「パーサビアランス」が火星の砂の上に落ちている奇妙なひも状の物体を撮影した/NASA/JPL-Caltech

探査車「パーサビアランス」が火星の砂の上に落ちている奇妙なひも状の物体を撮影した/NASA/JPL-Caltech

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)の探査車「パーサビアランス」がこのほど、火星の赤い砂の上に落ちている物体をとらえた奇妙な写真を撮影した。謎の物体は「ひもの束」だった。

探査車の左前部にある危険回避用カメラが今月12日、明るい色の物体を捉えた。写真を見た人からは、スパゲティのようだとの声も出ている。

NASA関係者はこの物体について、パーサビアランスの着陸時に落ちたひもとの見方を示した。

NASAジェット推進研究所(JPL)パーサビアランス担当部門の報道官によると、このひもは探査車本体か降下ステージから外れたものである可能性がある。降下ステージとはロケット駆動のジェットパックに似た機構で、探査車を火星表面に安全に降下させるために使われる。

以前にパーサビアランスがこの一帯を訪れたことはないため、ひもは風に飛ばされてきた可能性が高いと報道官は指摘している。

報道官によると、パーサビアランスは現在、「ジェゼロクレーター」と呼ばれる古代に形成された三角州を探査中で、数十億年前の火星に存在した可能性のある微小生命体の兆候を探しているという。このクレーターはパーサビアランスが2021年2月18日に最初に着陸した場所に当たる。

パーサビアランスが4日後に同じ場所を訪れたとき、ひもは消えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]