野生動物のための「横断歩道」、ハイイログマの生命線に カナダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野生生物のための「横断歩道」 カナダ

(CNN) 野生動物にとって、道路の横断は困難を極める。米モンタナ州に生息する若いオスのハイイログマ「リンゲンポルター」の場合、46回も試みた末に、ようやく州間高速道路を横断することができた。

研究チームがGPSを装着して調べた結果、リンゲンポルターは2020年秋~21年春の間に、何度も何度も高速道路に近付いては引き返す行動を繰り返していた。

これはリンゲンポルターに限った問題ではない。歩き回る空間を必要とする動物にとって、高速道路は危険な障害物でしかない。横断すれば車にひかれる恐れがあり、横断しなければ行動範囲が狭まって個体群の分断や減少につながる。

この障害を克服するために有効な対策のひとつが、動物たちが歩道橋や道路下のトンネルを使って安全に横断できるようにする「横断歩道」の設置だ。野生生物の生息地を守る活動を行っている団体Y2Yは、米イエローストーン国立公園からカナダ北西部ユーコン地域にまたがる約3200キロの範囲でその取り組みを主導してきた。

「Y2Yが始動した1993年には、野生生物の横断歩道はひとつもなかったが、現在では117になった」。同団体代表のジョディ・ヒルティ氏はそう語る。

今年4月にはカナダ・アルバータ州で、カナダ大陸横断高速道路をまたぐ118番目の横断歩道の起工式が行われた。

全長約8000キロのカナダ横断高速道路は、ハイイログマ、オオカミ、ヘラジカなどの野生動物が生息するロッキー山脈やバンフ国立公園を貫いている。

Y2Yによると、この道路を使う車は1日に2万2000台。観光客が増える夏の間は3万台以上に膨れ上がる。しかし野生生物の生息地に道路が侵入したことで、車と動物の衝突が多発するようになった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]