自販機に閉じ込められた子猫、消防隊が駆けつけ救出 米テネシー州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リンジー・ラッセルさんは店内にある自販機の中から猫の鳴き声が聞こえるのに気付いたと振り返った/Morristown City Government

リンジー・ラッセルさんは店内にある自販機の中から猫の鳴き声が聞こえるのに気付いたと振り返った/Morristown City Government

(CNN) 米テネシー州モリスタウンにあるスーパーマーケットで、子猫が自販機の中に入り込んで出られなくなっているのが見つかり、消防隊が出動して無事に救出した。

CNN提携局WVLTによると、ウォルマート従業員のリンジー・ラッセルさんは6月29日の昼休み中、店内にあるペプシの自販機の中から猫の鳴き声が聞こえるのに気付いた。

「昼休みや休憩時間を使ってずっと猫をつかまえようとした。同僚にも助けてもらおうとしたが、誰がやってもうまくいかなかった」とラッセルさんはWVLTに話している。

そこで閉じ込められた子猫の救助を期待して、モリソンタウン消防局に電話した。

消防士のダグ・アリソンさんは「到着するとすぐ、ミャオという声が聞こえた」と振り返る。

モリスタウン市のフィスブックによると、消防隊は自販機のコンセントを抜き、背面の覆いを外したが、それでもまだ鳴き続ける子猫の姿は見えなかった。

しかし別の開口部から子猫が見えるのを発見し、ここから救出することに成功。約10分の救出活動だった。

「命を救う助けになれるのなら、動物でも人間でも、私たちはできる限りのことをする」とアリソンさんは話している。

子猫は過去に動物の保護活動をしていたラッセルさんが引き取ることになった。子猫は元気な様子だといい、名前は自販機にちなんで「ペプシ」と命名された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]