沈没から107年、英探検隊の船を南極沖で発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沈没した南極探検隊の船、107年ぶりに発見

(CNN) 100年以上前に南極大陸沖で沈没した、極地探検家アーネスト・シャクルトンの船「エンデュアランス号」がこのほど、深さ3008メートルの海底で見つかった。見たところ船体本来の姿をとどめており、保存状態は良好だという。

南極探検に使用され、1915年に沈んだ同船は、南極海の一部を構成するウェッデル海で見つかった。

今回の発見は、フォークランド海洋遺産財団と、歴史家のダン・ショウ氏が共同創設者を務めるコンテンツプラットフォーム「ヒストリー・ヒット」が協力して実現した。

探索ミッションの責任者メンスン・バウンド氏は声明で、「これまで目にした木造の沈没船の中でも群を抜いて素晴らしい。直立姿勢のまま、ゆったりと海底に鎮座している。損傷はなく、見事な保存状態だ」と語った。

そのうえで「これは極地の歴史上、画期的な出来事だ」と付け加えた。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「英国」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]