旅客機が強風と格闘、着陸時にあわや横転 英ヒースロー空港

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強風にあおられる旅客機、着陸時にあわや横転 英

(CNN) 暴風の吹き付ける英ロンドン・ヒースロー空港で、旅客機のパイロットが格段に困難な着陸を強いられる様子を映した動画がネット上に公開された。最終的に着陸には成功したものの、その前には機体が横転しそうになるほど傾き、後部が滑走路をこするような場面も見られた。

アバディーン発ロンドン行きのブリティッシュ・エアウェイズ(BA)1307便は1月31日、80分間のフライトの最後を大揺れの状況で締めくくることになった。

当時、ヒースロー空港に近づく機体は見た目にもわかるほど風にあおられ、車輪の一部が接地した後も姿勢が安定しなかった。そのまま横転しそうになるほど左側に大きく傾いた後、尾部を滑走路に打ちつけたようにも見えた。

パイロットは着陸を中断。安全に着陸し直すべく再び離陸した。

劇的な着陸の様子を撮影していたジェリー・ダイアーさんはCNNの取材に答え、「パイロットの技能がいかに高いかを示す出来事だった」と振り返った。

ヒースロー空港を定期的に訪れ、航空機の離着陸を撮影しては自身のユーチューブチャンネル「ビッグジェットTV」で配信しているダイアーさん。当該の着陸を目撃したのは、到着してからわずか数分後のことだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]