タイムカプセルから1875年の年鑑や硬貨、南軍将軍像の台座で発見 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
遺物は湿っており、保存作業に費やされる時間は現時点では不明だという/Steve Helber/AP

遺物は湿っており、保存作業に費やされる時間は現時点では不明だという/Steve Helber/AP

箱の中の物は湿っていたことから、専門家は慎重に取り出して保存状態を保つ必要に迫られた。前出の専門家は「遺物が湿っていることを考えると、これ以上の状態悪化を防ぐため冷凍庫に入れることになりそうだ」と話している。

州知事室の発表によると、作業員らは今月17日、リッチモンドの通りにある約12メートルの台座を解体していた際にタイムカプセルを発見した。リー将軍の像は人種的不公正への抗議活動で焦点となり、9月に撤去されていた。リッチモンドは南部連合の元首都。

タイムカプセルの入った石を移動させる作業員/Steve Helber/AP
タイムカプセルの入った石を移動させる作業員/Steve Helber/AP

歴史家は、タイムカプセルが1887年10月27日に設置され、リッチモンドの住民37人が寄付した主に南部連合関連の品約60点が収められていると考えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]