23億円当選の米男性、友人と山分け 28年前の約束守る

米国で高額宝くじに当選した男性が、かねてからの約束通り友人と当選金を折半した/From Wisconsin Lottery

米国で高額宝くじに当選した男性が、かねてからの約束通り友人と当選金を折半した/From Wisconsin Lottery

(CNN) もし宝くじに当選したら、2人で賞金を山分けしよう――。28年前に親友とそんな約束を交わした米国の男性が、実際に友人と賞金を折半する出来事があった。

幸運を射止めたのは、ウィスコンシン州エルクマウンドに住むトーマス・クックさん。高額宝くじ「パワーボール」で2200万ドル(約23億円)を当てた。

そして約束通り、昔からの釣り仲間であるジョセフ・フィーニーさんに連絡を取った。同州宝くじ当局によると、フィーニーさんは「信じられない」という反応だったという。

毎週宝くじを購入していた2人だが、最初はついに幸運が巡ってきたことに茫然(ぼうぜん)となった。

これが現実だと分かると、クックさんは仕事を退職。現在は元消防士のフィーニーさんともども、引退生活を満喫している。

夫婦で笑顔を浮かべるトーマス・クックさん(左)とジョセフ・フィーニ―さん/From Wisconsin Lottery
夫婦で笑顔を浮かべるトーマス・クックさん(左)とジョセフ・フィーニ―さん/From Wisconsin Lottery

当選金の受領方法については、2人は計1670万ドルを現金で受け取るオプションを選択し、それぞれ税引き後の約570万ドルを持ち帰った。

2人の今後の計画はいたってシンプルで、一緒に過ごす時間をさらに増やしたい考え。数年前にも夫婦同伴で一緒に旅行したが、また一緒に旅に出る計画を立てている。

ただし、今回はクライスラーの「PTクルーザー・コンバーチブル」ではなく、もっと格好いい車で旅に繰り出すつもりだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]