米男性、買ったことを忘れていた宝くじに当選 2200万円獲得

グレゴリー・ウォーレンさん/From NC Education Lottery

グレゴリー・ウォーレンさん/From NC Education Lottery

(CNN) 米ノースカロライナ州に住む男性が、購入したことを忘れていた宝くじで約20万ドル(約2200万円)の当たりを引き当てていたことが分かった。

同州フランクリンビルで機械工を務めるグレゴリー・ウォーレンさんは仕事を終えた翌日の9月29日、ガソリンを入れている最中に宝くじ「キャッシュ5」を購入した。

ウォーレンさんは宝くじの当局者に対して「頻繁に宝くじを買うということはない」と語り、購入した日がたまたま良い日だったと振り返った。

ウォーレンさんは10月4日まで宝くじを確認することはなかったが、その日、大当たりの39万1870ドルの半分に当選していたことが分かった。

ウォーレンさんは5日に宝くじの本部で当選金を受け取った際、「宝くじのことは忘れていた」と述べた。いまだ衝撃を受けているとし、興奮しすぎて昨晩は眠れなかったと語った。

ウォーレンさんは連邦と州の税を源泉徴収した13万8624ドル(約1500万円)を受け取った。ウォーレンさんは転職して自分で事業を行うことを考えているという。

大当たりの当選金額の残り半分は同州ニューバーン在住の女性が引き当てた。宝くじの関係者によると、この宝くじで大当たりが出る確率は96万2598分の1。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]