氷河期のホラアナライオンの子ども、ひげまで残る完全な姿で発見 シベリア

氷河期のライオンの子ども、シベリアで発見

(CNN) シベリア北極圏の永久凍土の奥深くから、2万8000年前にさかのぼるホラアナライオンの子どもの死骸が見つかった。ただ眠っているように見えるほど保存状態は完璧。触れればすぐにも目を覚ましそうだ。

金色の毛皮は泥で固まっているがそれ以外に損傷はない。歯や皮膚、軟組織、臓器も無傷で、ひげも残っている。つめは依然として鋭く、死骸を調べた科学者の一人の指に引っかかるほどだった。

「スパルタ」というニックネームがつけられたこのメスの子どもは、2017年と18年に見つかったホラアナライオンの子ども2匹のうちの1匹。ホラアナライオンは絶滅した大型のネコ科の動物で、北半球全域に生息していた。

ボリスと名付けられたもう1匹の子どもは、スパルタからわずか15メートル離れた地点で見つかった。当初2匹はきょうだいと考えられていたが、放射性炭素年代測定法で調べたところ、ボリスの死骸は4万3448年前のものと、約1万5000年古いことが分かった。2匹とも死んだのは生後1~2カ月だと研究者らはみている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]