酢酸を噴射するサソリモドキ、国立公園で繁殖シーズン 米テキサス州

米テキサス州のビッグベンド国立公園で、「サソリモドキ」と呼ばれるクモガタ類の節足動物が繁殖の季節を迎えている/From NPS/CA Hoyt/Big Bend National Park/Facebook

米テキサス州のビッグベンド国立公園で、「サソリモドキ」と呼ばれるクモガタ類の節足動物が繁殖の季節を迎えている/From NPS/CA Hoyt/Big Bend National Park/Facebook

(CNN) 米テキサス州南西部のビッグベンド国立公園で、「サソリモドキ」と呼ばれるクモガタ類の節足動物が繁殖の季節を迎えている。

同国立公園はフェイスブックへの投稿で、「夏の雨に誘われてサソリモドキが食べ物と愛を求め、巣穴から出てきた」と伝えた。

同公園によると、サソリモドキは体長約7.6センチ。大きなハサミとむちのような長い尾が特徴で、85%が酢酸からなる液体を尾の部分から噴射する。酢酸は酢の主成分。

一見すると恐ろしげな印象で、「酸を浴びせる陸ザリガニ」というセンセーショナルな見出しを付けられたこともある。

しかしサソリモドキは夜行性で、姿を見かけることはめったになく、「驚かせない限りはほとんど無害」と同公園は指摘する。

主にテキサス州西部に生息し、大抵は砂漠地帯で見かけるが、草原や低木林、松林、山地などでも目撃報告があるという。

餌はヤスデやサソリ、コオロギといった無脊椎(せきつい)動物の振動を前足で感知して捕食する。

毒は持っていないので、見かけたとしても慌てる必要はない。むしろビッグベンド国立公園は、見付けたらじっくり観察することを奨励している様子で、メスは背中に子どもを乗せているかもしれないと伝えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]