「英雄ネズミ」が引退、地雷除去で活躍 カンボジア

5年間働いたネズミの「マガワ」はもうゆったりとした生活をすべきとAPOPOは話す/PDSA

5年間働いたネズミの「マガワ」はもうゆったりとした生活をすべきとAPOPOは話す/PDSA

(CNN) カンボジアで地雷の除去で活躍した「英雄ネズミ」が5年間にわたる活動を終えて引退することがわかった。ネズミの訓練に携わった非政府組織「APOPO」が明らかにした。

今回引退したのはアフリカオニネズミの「マガワ」。APOPOによれば、マガワはこれまでに地雷71個と不発弾38個を発見していた。

マガワはこうした活動が評価されて英獣医の慈善団体「PDSA」からメダルを贈られたこともある。

しかし、APOPOは、年内に7歳となるマガワについて、一生懸命に働いたので、今後はゆったりとした生活を送ることがふさわしいと述べた。マガワは健康状態は良好だが引退する年齢に達し、活力に衰えが見え始めたという。

マガワはカンボジアで22万5000平方メートルの地雷除去を支援した。カンボジアの土地には長年にわたる紛争で、危険な不発弾が散らばっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]