28億余円のくじ当選券、洗濯混入でぼろぼろに? 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当たりくじを販売したコンビニ店が店内に掲げたバナー/KCAL/KCBS

当たりくじを販売したコンビニ店が店内に掲げたバナー/KCAL/KCBS

(CNN) 米カリフォルニア州で売り出された賞金2600万ドル(約28億3400万円)の宝くじで、女性が当選券を洗濯時に誤って混入させ、ぼろぼろにした可能性がある痛恨の出来事がこのほど起きた。

この女性はくじを購入した同州ノーウォークのコンビニ店を訪れ、事情を説明したという。店の監視カメラも女性の当選券の購入場面をとらえていたが、州の宝くじ運営当局者は映像だけでは女性が確実に買ったことを示す十分な材料にはならないと退けた。

女性がくじを買い入れたのは昨年11月14日。当選した場合、180日間内に名乗り出ることが必要だが、その期限は今月13日に切れていた。

コンビニ店の従業員は地元テレビ局の取材に、女性が最近訪ねてきて洗濯で当選券を台無しにしてしまったことを打ち明けたと証言した。

ただ、宝くじ運営当局の報道担当者はCNNの取材に、女性は当選券の喪失を当局の事務所に報告したり、公式な申し立てを行ったのかは承知していないと指摘。仮に当選を主張すればいつものように調べることになるが、そうしない場合、調べようがないし対応も出来ないと説明。

くじの購入者は、常に署名し、くじの裏表を写真撮影あるいはコピーして、購入の事実を証明する準備をすべきとも説いた。

今回のくじの当選者はただ1人だった。賞金は現金で受け取る場合、1970万ドル相当で、同州の公立学校用の資金に充てられることになる。

当選くじを売ったコンビニ店は13万ドルの報奨金を得たという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]