子猫の顔にボタン縫い付ける手術、犬に襲われ大けが負い 米

ボタンで顔を固定された子猫の「ジュースボックス」/MSPCA-Angell/ WBZ

ボタンで顔を固定された子猫の「ジュースボックス」/MSPCA-Angell/ WBZ

(CNN) 米マサチューセッツ州で犬に襲われて大けがをした生後7カ月の子猫が、顔を縫合してプラスチック製のボタンで固定する手術を受け、一命をとりとめた。

子猫の「ジュースボックス」は、飼い主の自宅で一緒に飼われている犬と遊んでいるうち、じゃれ合いがエスカレートして手に負えなくなった。あごの骨が折れ、顔に大きな裂傷を負ったジュースボックスは、ボストンの動物医療センターに運び込まれた。

同センターは、回復するまでの間、縫合した場所を固定するために、カラフルなボタンをワイヤーで頬の両側に縫い付けた。またあごの骨格を支える役割もボタンは果たしている。

「かなり斬新な手順だが、非常にうまくいっている。それに治療中の猫が可愛く見える」。マサチューセッツ州の動物保護団体MSPCA広報のロブ・ハルピンさんはそう話す。

子猫の「ジュースボックス」は一緒に飼われていた犬と遊んでいて大けがを負った/From MSPCA-Angell
子猫の「ジュースボックス」は一緒に飼われていた犬と遊んでいて大けがを負った/From MSPCA-Angell

顔のボタンは来週には取ってもらえる見通しで、一時預かりの家庭では既に遊びたがる様子を見せているという。「とても人懐こくておどおどした様子もなく、具合が悪いようには見えない」「幼い動物は幼児と同じように、治りが多少早い傾向がある」とハルピンさん。

回復後は、犬のいない家庭で新しい引き取り手を探す予定で、これまでに150世帯以上が里親になりたいと申し出ているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]