ヘアスプレーの代わりに強力接着剤使う、女性が病院で処置へ 米

テシカ・ブラウンさんはヘアスプレーがなくなってスプレータイプの強力接着剤を使用した/@im_d_ollady/Instagram

テシカ・ブラウンさんはヘアスプレーがなくなってスプレータイプの強力接着剤を使用した/@im_d_ollady/Instagram

(CNN) 髪型をキープするためのヘアスプレーがなくなったので、代わりにスプレータイプの接着剤を使ったら大変なことに――。米ルイジアナ州の女性の失敗談がSNS上で拡散し、話題を呼んでいる。

同州在住のテシカ・ブラウンさんは今月、動画アプリ「ティックトック」への投稿で、いつものヘアスプレーの代わりに強力接着剤の「ゴリラグルー」を使ってしまったと打ち明けた。

ブラウンさんは動画の中で、それから1カ月過ぎても髪は固定されたままだと話し、「15回も髪を洗ったのに」と訴えている。

別の動画では、シャンプーをたっぷり使っても固まった髪がはじいてしまう場面を紹介した。

ゴリラグルーの公式サイトによると、この接着剤はバスルームのタイルやフローリング、デッキ用で、100%の防水性が特徴。除去するには有機溶剤のアセトンやイソプロピルアルコールを使う。

同社はブラウンさんが困っていると聞き、ツイッター上でメッセージを送った。「当社の製品は永久接着タイプなので髪への使用はお勧めしません」としたうえで、石けんを溶かした湯に髪を浸したり、消毒用アルコールを塗ったりする方法を試してみたらと提案した。

ブラウンさんは先週末、インスタグラムでその後の経過を報告。接着剤を落としてもらおうと、地元の病院を訪れる自身の写真を投稿した。さらにアセトンと滅菌水の写真に添えて、「これは長時間の工程になりそう」と書き込んだ。

接着剤を取るために病院を訪れたブラウンさん/@im_d_ollady/Instagram
接着剤を取るために病院を訪れたブラウンさん/@im_d_ollady/Instagram

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]