NYの動物園、トラに新型コロナの陽性反応 ライオンにも症状

NYの動物園、トラに新型コロナの陽性反応

(CNN) 米ニューヨーク市のブロンクス動物園は、4歳のメスのマレートラ「ナディア」に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表した。トラの陽性反応が確認されたのは初めて。

同動物園の発表によると、ナディアは咳(せき)の症状が出たため検査を受けさせた結果、陽性反応が出た。症状は回復が見込めるとしている。

米農務省(USDA)によると、ナディアのほかにもブロンクス動物園のトラとライオン5頭が呼吸器系の症状を発症している。それ以外の動物に症状は出ていない。

動物園によれば、トラやライオンは食欲が多少減退しているものの、それを除けば元気な様子で、獣医師の手当てを受けて意識もはっきりしており、飼育係にも反応しているという。

「新型の感染症に対する反応は種によって異なることから、大型ネコ類たちの症状がどう進行するのかは分からない。だが我々は今後も注意深く観察を続け、完全回復を見込んでいる」と動物園は説明している。

ブロンクス動物園では飼育係1人の無症状感染が確認されており、この飼育係から動物たちに感染したと同動物園は見ている。動物園は3月16日から休園中。

農務省は、新型コロナウイルスについてもっと多くの情報が明らかになるまで、感染者はペットを含む動物との接触を最小限に抑えるよう勧告している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]