男性が空港のモニター乗っ取り、プレステつなぎ遊ぶ 注意され「ゲームオーバー」

空港のモニターでゲームをプレーする男性/courtesy Stefan Dietz/@coyotetrips

空港のモニターでゲームをプレーする男性/courtesy Stefan Dietz/@coyotetrips

(CNN) 米オレゴン州のポートランド国際空港で16日、男性が空港内のモニターに自分の端末を接続してゲームをプレーし、係員から注意を受ける出来事があった。

この様子を撮影してツイッターに投稿したユーザーは、「信じられない光景だった」と語った。男性はゲーム中、ヘッドセットで他のプレーヤーに話しかけている様子も見られたという。

このモニターには通常、空港の地図が映し出され、利用客にレストランやトイレの位置を案内するのに使われる。しかし空港の広報担当者によれば、早朝の4時半に、男性はモニターを乗っ取ってプレイステーション4を接続した。

男性がプレーしていたのは人気バトルロイヤルゲーム「エーペックスレジェンズ」とみられる。CNNはこの男性の身元を特定できていない。

男性に近づいた空港の係員が接続を外すよう頼んだところ、予想もしない答えが返ってきたという。「最後までゲームをやってもいいかと丁寧に尋ねてきた」(広報担当者)。

係員は拒否し、男性にとってゲームオーバーとなった。男性は指示に従ったという。

広報担当者は「旅行客がわれわれの電源コンセントを利用するのは歓迎だが、他の物に接続するのはやめてほしい」と語っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]