アルプスなどの氷河、今世紀中に消失も 国際チーム研究

このままのペースで氷が失われた場合、一部地域では今世紀後半のうちに氷河がほぼ消失する可能性がある/Sean Gallup/Getty Images

このままのペースで氷が失われた場合、一部地域では今世紀後半のうちに氷河がほぼ消失する可能性がある/Sean Gallup/Getty Images

(CNN) 中欧やカナダ西部、米国の氷河は今世紀後半のうちにほぼ消失するとの見通しが、新たな研究で明らかになった。

世界の研究者15人で構成する国際共同チームが英科学誌ネイチャーに論文を発表した。

チームは人工衛星からの観測や450回の現地調査により、1万9000カ所に及ぶ氷河のデータを集めた。従来の研究は500カ所前後の氷河のデータに基づいていた。

新たな研究によれば、世界の氷河からは1961~2016年に9兆トン余りの氷が失われた。これはドイツの面積で厚さ約30メートル、米国の面積で厚さ1.2メートル分の氷に相当する。

氷河の融解によって、海面は最大27ミリ上昇したことになる。この期間の上昇幅の25~30%に相当する。

年間の消失量は最大約3350億トンに上っているという。執筆者の1人、チューリッヒ大学のミヒャエル・ゼンプ博士によると、このままのペースが続いた場合、欧州アルプスやニュージーランド、カナダ西部を含む数カ所では2100年までに全ての氷河が消失する。

ゼンプ博士はさらに、カナダの北極圏など、これ以外の地域では氷河の融解が始まったばかりで、2100年以降も続くということだと指摘する。

氷河が解けることによって海面が上昇するだけでなく、山の地盤が不安定になる可能性がある。農業用水や生活用水を氷河に頼ってきた地域では、水不足も懸念される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]