「熱湯を空中で凍らせるチャレンジ」が流行、負傷者続出 寒波の米

厳寒の米国で、熱湯を空中で凍らせようとしてやけどを負う人が続出している/Scott Olson/Getty Images North America/Getty Images

厳寒の米国で、熱湯を空中で凍らせようとしてやけどを負う人が続出している/Scott Olson/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 強い寒波に見舞われた米国で、沸騰したお湯を空中にまいて一瞬で凍る様子を観察するチャレンジが流行している。ただ、やけどを負って病院に搬送される例も相次いでおり、専門家らは警鐘を鳴らしている。

シカゴにあるロヨラ大学病院の広報担当者によると、先週の寒波発生以降、このチャレンジに参加した8人がやけどセンターで治療を受けた。足や腕、手、顔を負傷し、軽重さまざまなやけどを負っていたという。

アイオワシティーのアイオワ大学やけど治療センターでは1人、ミネアポリスのヘネピンヘルスケアでも数人が治療を受けた。

シカゴのケースでは、熱湯を投げた本人だけでなく周囲で見ていた人もやけどを負った。

ヘネピンヘルスケアでも同様の被害が出ている。やけどセンターの臨床責任者によると、興奮した子どもが近づいて熱湯を浴びたり、保護者が誤って子どもに湯をかけてしまうという事例があった。

強風のさなかに空中に熱湯をまいたところ、風で自分のところに戻ってきてしまい、顔にやけどを負ったケースもあるという。

米国ではこの数週間、極渦の崩壊により冷たい空気が南下。国民の4分の3近くが氷点下の気温に見舞われ、シカゴはマイナス21度まで冷え込んだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]