3週間漂流の漁船、大型客船に遭遇 偶然の針路変更が「奇跡」呼ぶ

漂流中の漁船に遭遇、「奇跡」の救出劇

(CNN) 漁船が流されてカリブ海を3週間近く漂流していた2人の漁師が、大型客船に偶然遭遇して救出される出来事があった。

2人を乗せた小型ボートは3週間近く漂流していた。燃料は底を突き、飲料水は残り少なくなり、食料は釣った魚を食べてしのいでいた。

奇跡はクリスマスが近づいた21日に訪れた。

遭遇したのは、食堂からスパまであらゆる設備が整ったロイヤル・カリビアンの大型客船「エンプレス・オブ・ザ・シーズ」だった。

広報によると、同船は21日午後7時ごろ、カリブ海のグランドケイマン島とジャマイカの間の海上で、2人が乗った小型漁船を発見した。

漁船に遭遇したのは、クルーズ船が悪天候のため、キューバのシエンフエゴスからジャマイカのオチョリオスへ行き先を変更したことによる偶然だった。

クルーズ船はグランドケイマン島とジャマイカの救助センターに連絡を取ったが、いずれも救助出動はできないという返答だった。そこで同日午後10時ごろ、クルーズ船から小型ボートを降ろし、2人を無事救出した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]