トイレに流したダイヤの指輪、9年ぶりに持ち主に 配管作業員が発見

WPVIの取材に答えるスタントンさん/WPVI

WPVIの取材に答えるスタントンさん/WPVI

公共事業部から連絡を受けたスタントンさんは、信じられない思いだったという。

指輪を届けてくれたゴーゴリさんに、スタントンさんは「まるでクリスマスの天使のよう」と喜びを伝えた。

今は2つの指輪を身に着けているスタントンさん。もう絶対になくさないと誓っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]