運動不足の「パンデミック」が世界に蔓延、疾病リスク増大 WHO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

性別では女性の方が男性に比べて運動量が少ない傾向があり、運動不足の成人の割合は、南アジア(女性43%、男性24%)、中央アジア・中東・北アフリカ(女性40%、男性26%)、高所得の欧米諸国(女性42%、男性31%)の3地域で、男女間に10ポイント以上の開きがあった。

スポーツ医学にも詳しい米ジョージア州立大学のウォルター・トンプソン教授は今回の研究結果について、「運動不足はパンデミック(大流行)であって、低所得国や高所得国の特徴ではない」「あらゆる国ではびこり、慢性疾患に対して同じ影響を与える」と警鐘を鳴らしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]