ハッカーニ・ネットワーク創設者死亡、タリバーンが確認

「ハッカーニ・ネットワーク」の創設者、ジャラルディン・ハッカーニ氏が死亡/Visual News/Getty Images North America/Getty Images

「ハッカーニ・ネットワーク」の創設者、ジャラルディン・ハッカーニ氏が死亡/Visual News/Getty Images North America/Getty Images

アフガニスタン・カブール(CNN) アフガニスタンの反政府武装勢力タリバーンは、米国がテロ組織に指定する「ハッカーニ・ネットワーク」の創設者、ジャラルディン・ハッカーニ氏が死亡したと発表した。

ハッカーニ・ネットワークは何十年にもわたり、米国や同盟国を狙った拉致や自爆などの攻撃に関与してきたとされる。

タリバーンの発表によると、ハッカーニ氏は長年の闘病生活を経て死亡した。過去数年は寝たきりの状態が続いていたという。

組織の運営は何年も前に息子のシラー氏が引き継いだ。シラー氏はその後、タリバーンのナンバー2になっている。

米国は2012年にハッカーニ・ネットワークをテロ組織に指定。同組織はパキスタンのワジリスタン地域に本拠があり、タリバーンやアルカイダとつながっている。国境を越えてアフガニスタンにも展開している。

ハッカーニ氏の死亡に関する情報や臆測は数年前から飛び交っていたが、タリバーンが正式に死亡を確認したのは初めて。いつ死亡したのかは分かっていない。

アフガニスタン国家安全保障評議会の広報は、政府関係者の話として、ハッカーニ氏が死亡したのは2007年だったとツイートした。タリバーンがこのタイミングで死亡を発表した意図については「心理戦の一環」との見方を示している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]