ナポレオンの帽子、4400万円で落札 フランス

ナポレオンが1815年のワーテルローの戦いで着用していたとされる帽子

ナポレオンが1815年のワーテルローの戦いで着用していたとされる帽子

(CNN) フランスの初代皇帝ナポレオン・ボナパルトが1815年のワーテルローの戦いで着用していたとされる帽子が、フランス・リヨンでオークションにかけられ、約40万ドル(約4400万円)で落札された。

オークション主催者によると、落札したのはナポレオンゆかりの品の収集に熱心な欧州のコレクターだった。

この帽子は203年前、ナポレオンがワーテルローの戦いに敗れて敗走した後にオランダの指揮官が拾ったものとされ、ナポレオンが軍の制服として着用した二角帽子約120個のうちの1つと思われる。

このうち19個が残っていることが確認されており、ほとんどは博物館が所蔵している。オークションハウスによると、ナポレオンは常に12個の帽子を持っていて、それぞれ3年ほど使い込んでいたという。

18日に開かれたオークションでの落札価格は手数料も含めて40万5212ドルだった。

しかし2014年のオークションでは、韓国の収集家が別のナポレオンの帽子を240万ドル(現在のレートで約2億6400万円)で競り落としている。これは事前予想の50万ドルを大幅に上回る額だった。

こちらはモナコの王室が所蔵していたもので、保存状態は良好だった。

それに比べると18日に落札された帽子は色があせ、破れたりひび割れたりした箇所もあった。

ナポレオンは1804年、自らフランス皇帝に即位を宣言。ワーテルローの戦いに敗れた後は退位してヘレナ島に流され、1821年に死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]