仏男性が太平洋横断に挑戦、半年かけプラスチック汚染も調査

2018.06.06 Wed posted at 19:17 JST

[PR]

(CNN) コンサルティング会社の幹部を務めるフランス人の男性が5日、太平洋を半年がかりで泳いで横断するチャレンジを開始した。途中、膨大な量のプラスチックごみが漂流する海域として知られる「太平洋ゴミベルト」を通過することで、環境問題への関心を高める狙いもあるとしている。

世界初となる泳ぎでの太平洋横断に挑むのは51歳のベン・ルコントさん。千葉県の銚子をスタートし、約8800キロ彼方にある米サンフランシスコへの到達を目指す。1日8時間、平均48キロ泳いで6カ月かかる計算だ。

コンサルティング会社で持続可能性にかかわる事業を手掛けるルコントさんは、今回の挑戦を気候変動や健康、環境汚染についての科学調査の機会とも位置付ける。

ウェットスーツに身を包んで泳ぐルコントさんには、サポートメンバーのほか米航空宇宙局(NASA)など12の機関から派遣された研究チームが乗り込んだヨットが帯同する。泳ぎ続けるルコントさんの心身の状態を分析するほか、ルート上の海域でさまざまなサンプルを採集する予定だ。

太平洋ゴミベルトを通過する際には、プラスチックごみによる汚染状況の調査を行う。大量のごみが集中するこの海域の面積は、フランスの国土の3倍に相当するとされる。

ルコントさんは今回のチャレンジに向け4年を費やして体力トレーニングに励んできた。横断中は、1日8時間泳いだ後ヨットで休養を取り、翌日に同じ地点からまた泳ぎ始める。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]