上海からLAまで5時間、超音速機に高まる期待

米ブーム・テクノロジーが就航を目指す55人乗りの超音速旅客機

米ブーム・テクノロジーが就航を目指す55人乗りの超音速旅客機

(CNN) 上海からロサンゼルスまで約5時間、東京からサンフランシスコなら5時間半――。アジアと米国を従来の飛行時間の半分で結ぶ超音速旅客機の開発に、新たな期待が集まっている。

超音速機としては、かつて英仏が共同開発したコンコルドが商業飛行を実現したものの、コストや騒音の問題に墜落事故が重なり、2003年を最後に全機が退役していた。しかし最近になって複数の新興企業などが新たなモデルの開発を進め、改めて関心が高まり始めた。

その1つが米ブーム・テクノロジーだ。投資家や戦略パートナーからすでに8500万ドル(約92.6億円)の資金を調達し、23年の就航を目指す。

提携先としては英ヴァージン・アトランティック航空に続き、アジアでも日本航空が昨年12月、1000万ドルを出資して20機の優先発注権を得た。

中国ではオンライン旅行会社アジア最大手のCトリップが最初の戦略パートナーとなった。

Cトリップのビクター・ツェン最高商務責任者(CCO)は「超音速機を使った旅行の分野で、中国は今後、最大級の市場になる」と強調する。同国では消費者の所得が伸びているだけでなく、商品よりも体験を重視する風潮が強まっているからだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]