外食は健康に悪い? 新たな理由も 米研究

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
包装用プラスチックと触れる食品を通じてフタル酸が体内に取り込まれるという

包装用プラスチックと触れる食品を通じてフタル酸が体内に取り込まれるという

その結果、3分の2は前の日に少なくとも1回、外食したと回答。外食した人は、年齢や性別を問わず、自宅で食事をした人に比べて尿に含まれるフタル酸代謝物の価が大幅に高いことが分かった。特に10代の若者の場合、外食した人のフタル酸の値は、55%も高かった。

ゾタ氏によると、特にチーズバーガーなどの持ち帰り用サンドイッチ類は、フタル酸上昇との関係が顕著だという。

ただし、フタル酸は約1日しか体内に残留しない。

ゾタ氏は、食生活を変えて自宅で調理した食品の消費を増やした方が、健康のためになると話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]