米国最後の奴隷船、残骸を発見か アラバマ州

19世紀半ばに使用されていた奴隷船のレプリカ

19世紀半ばに使用されていた奴隷船のレプリカ

船に乗っていた奴隷の多くは5年後の南北戦争終結に際して自由の身となり、アラバマ州モービルに住みついた。奴隷の子孫の一部は今でもこの地域に居住している。

クック氏によれば、今回の残骸がクロティルダのものと判明した場合、将来の取り扱いをめぐり奴隷の子孫と協議が持たれる見通しだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]