肥満じゃなかった、米男性の腹に59キロの腫瘍 手術で除去

下腹部の肥大に悩まされていた手術前のローガンさん。原因は肥満ではなく腫瘍だった

下腹部の肥大に悩まされていた手術前のローガンさん。原因は肥満ではなく腫瘍だった

(CNN) 米ミシシッピ州の57歳の男性がこのほど、下腹部にできた重さ59キロに相当する巨大な腫瘍(しゅよう)を手術で除去する出来事があった。下腹部の肥大については長い間、肥満が原因との診断が下されていた。

ミシシッピ州でアンティークの店を営むロジャー・ローガンさんは、下腹部の極端な肥大に悩まされていた。大きな岩ほどに膨れ上がった下腹部のせいで、ローガンさんは椅子から立つことができず、店の仕事や、まともに外出することもあきらめなくてはならなかった。

数年にわたり医師の診察を受けたものの、肥満と説明されるだけだった。ローガンさんと家族は納得できる答えを求め、カリフォルニア州にあるベーカーズフィールド記念病院を訪ねた。そして同病院の外科医の診察により、下腹部の塊は脂肪ではなく重さ59キロの腫瘍であることが分かった。

その後、腫瘍の除去手術が行われた。設備の整った同病院での手術は成功。術後の経過も良好だという。ローガンさんは頃合いを見てミシシッピ州に戻る予定だが、その時には手術前の半分ほどの体重になっている計算だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]