両手が「樹木状」の男性、手術成功 バングラデシュ

「樹木状」病変を除去 バングラデシュ

(CNN) 両手が樹木の枝のようないぼに覆われる皮膚病に侵されたバングラデシュの男性が、手術によって本来の手を取り戻したことが10日までにわかった。

男性は同国の小さな町に住むアブル・バジャンダルさん(27)。ダッカ医科大学病院で昨年2月以降、16回にわたる施術を受けてきた。退院前にあと数回が予定されている。

病院の担当医がCNNに語ったところによると、バジャンダルさんの経過は「非常に良好」で、すでに自分の手で食べたり飲んだり、文字を書いたりできるようになった。今後の施術は主に外見をきれいにすることが目的だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]