クモの糸が導く未来<3> 航空機材など新たな分野へ

クモの糸には特殊なタンパク質構造があり、圧力や変形に対する耐性を備えていることが判明した

クモの糸には特殊なタンパク質構造があり、圧力や変形に対する耐性を備えていることが判明した

(CNN) クモの糸などを活用する試みは商業的にも注目され、医療品開発のための会社も設立できるようになった。「スパイドレックス」の活用方法を試行錯誤した末、最終的に狙いを定めたのが膝の置換手術だ。膝の置換手術は米国だけで年60万件が行われており、今後も増加が予想されている。

前回「クモの糸が導く未来<2> 傷口の治療に効果」はこちら

プラスチックなどを埋め込む方法もあるが、最終的にはインプラントを除去する必要があり重大な合併症を伴う恐れがあった。そこで英オックスフォード大学のフリッツ・ボールラス教授の研究チームは2社目のスピンオフ企業を設立。

膝軟骨の代わりとなる柔軟な物質の開発を進めている。このインプラントを足場として細胞が成長し、骨組織が再生していく仕組みだ。

現在はインプラントの臨床試験を行っている段階。ボールラス氏はここまでの進展に満足しており、2018年までに実用化に結びつける見通しを描いている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]