英動物園、中国の「世界一悲しいホッキョクグマ」に救いの手

「世界一悲しい」飼育環境に置かれているというホッキョクグマのピッツァ

「世界一悲しい」飼育環境に置かれているというホッキョクグマのピッツァ

(CNN) 英国の「ヨークシャー野生動物公園」は20日までに声明を発表し、中国・広州市の水族館で飼育されているオスのホッキョクグマ1頭を同公園で引き取ると申し出た。ピッツァの名で知られるこのホッキョクグマは、現状で非常にストレスのたまる飼育環境に置かれていることから「世界一悲しいホッキョクグマ」と呼ばれて注目を集めている。

香港を拠点に活動する動物保護団体「アニマルズ・アジア」のデイブ・ニール氏によると、ピッツァが暮らす広州の「グランビュー水族館」は完全な屋内施設で自然光を浴びることができない。動物にとっての快適さよりも来館者の見やすさを優先した設計で、動物保護の観点から大いに問題があるという。

また北京に拠点を置く団体は人民日報に対し、ピッツァの飼育エリアを「残酷なもの」と非難。40平方メートル足らずの広さの場所に浅いプールがあるだけで、ひっきりなしに来館者がやってきては写真を撮ったりガラスの壁をたたいたりしていると説明した。

今年、アニマルズ・アジアが同水族館の閉鎖を求めてネットで署名を募ったところ、50万人を超える署名が集まった。中国国営紙の環球時報によれば、グランビュー水族館に対しては現在、施設内で複数の動物が死亡していることを受けて広州市当局が調査に乗り出しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]