北極海で沈没船発見、170年前に消えた探検船テラーか

170年前に消えた探検船か

(CNN) 北西航路を開拓する航海の途中で消息が途絶え、世界の航海史上最大級の謎とされてきた「HMSテラー」と思われる沈没船が約170年ぶりに発見されたことが14日までに分かった。

沈没船は、北極海の探索を行っていた調査団が、カナダ北部キングウィリアム島沖の深さ約24メートルの海底に沈んでいるのを発見した。船体はほぼ完全な形で残り、窓ガラスもほぼ無傷のままだといい、調査団の広報は「引き揚げて水を抜けば多分浮かぶだろう」と話している。

調査団はイヌイットのレンジャーが7年前、氷の間から突き出たマストを見たという証言を手がかりに捜索を行っていた。今後専門家が沈没船の画像や映像を調べ、HMSテラーかどうかを確認する。

英探検家のジョン・フランクリンが指揮していたHMSテラーは1840年代、姉妹船のHMSエレバスとともに消息を絶ち、乗員129人も全員が行方不明になった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]