イルカ同士が言葉で会話? ロシア研究者が収録

イルカ同士が会話?

イルカ同士が会話?

(CNN) ロシアの研究者がこのほど、2頭のイルカが「言葉」を使って交わした会話を収録することに初めて成功したと発表した。

この論文は、ロシアの研究者ビャチェスラフ・リャボフ氏がサンクトペテルブルク工科大学の学術誌に発表した。それによると、「会話」していたのは黒海に生息するバンドウイルカの成体2頭。「ヤシャ」「ヤナ」と名付けた2頭は、互いの「発言」を遮ることなく対話を続けたという。

「2頭のやり取りは、2人の人間の間で交わされる会話に似ていた」とリャボフ氏は説明する。

イルカはホイッスル音とクリック音という2種類の音を使ってコミュニケーションを取る。リャボフ氏は2頭が発する音を新しい録音技術を使って収録し、個々の音を「単語」、連続した音のまとまりを「文」と解釈する仮説を立てた。

「2頭の言葉は高度に発達した話し言葉と解釈できる」とリャボフ氏は述べ、人とイルカが会話するための装置の開発を提唱している。

この研究についてオーストラリア・マードック大学のジョシュア・スミス氏は、イルカのコミュニケーションについてはまだ解明されていないことが多く、研究の進展は評価できるとしながらも、「イルカが人間と似た会話のような文脈で信号を使っているという結論を出すのはまだ時期尚早」と指摘。人工的な環境ではなく、海洋の開けた環境でまず再現する必要があるとの見解を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]