自分の名前は「馬鹿者」、虐待被害の4歳児を保護 米

(CNN) 米アーカンソー州ホットスプリングスの警察は20日までに、4歳女児に悪質な虐待を日常的に加えていた疑いで30歳の母親と同居する47歳の男を逮捕したと発表した。

女児は名前を尋ねる社会福祉の活動家に「馬鹿者」と答えていた。地元警察は男に長い間そう呼ばれていたため思い浮かんだ言葉ではないかと見ている。女児は州の施設に保護され、外傷は治ってきているという。ただ、心理的な後遺症が癒(い)えるまでは数年間かかるとみられている。

調べによると、母親は男が定期的に虐待を働いていることを知りながら、病院で手当てさせるようなことは一度もしなかったという。

女児に対する虐待が続いた期間は不明だが、おしりや背中、足などには打撲傷が見られた。目の周りには黒あざがあり、ほおはふくれ、額にも打撲傷があり、暴力的ないじめはしばらくの間続いていたことを示唆している。また、女児は重度の栄養不良状態にも陥っていた。

母親と男は家庭内暴行、児童虐待や未成年者の福祉を脅かした罪で訴追された。男は取り調べで、女児を馬鹿者と呼んだことは認めたが、冗談だったと供述。母親は、男がプラスチック製のバットで娘を殴打したと明かしたが、男は木製のへらを使ったと主張している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]