ホッキョクグマが包囲、気象観測要員動けず ロシアの島

(CNN) ロシアの国営メディアは15日までに、同国の北極圏にあるトロイノイ島で気象観測に当たっていた専門家5人の活動拠点が約10頭のホッキョクグマや子どものクマに包囲され、立ち往生を強いられていると伝えた。

タス通信によると、この小島にある気象観測所を運営している研究機関の責任者はこれらクマは同島に集まり、専門家たちの居場所に危険な距離で近づいているという。

同観測所の所長によると、クマたちの接近は今年8月31日に始まり、これまで犬2匹が殺された。特に雌の1頭が夕方になると観測所の窓の下に居つくようになり、所員が外に自由に出られない状況となっている。

タス通信によると、ロシアのセルゲイ・ドンスコイ天然資源相は連邦政府の気象監視機関にトロイノイ島にいる気象観測要員の安全を確保するよう指示。同通信はまた、ロシア北極南極研究所の探査船を出発したヘリコプターがクマを追い払う犬3匹や信号弾を14日に観測所に運んだとも伝えた。

犬3匹らは当初、海路で輸送される計画で到着まで約1カ月要するとされていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]