米国人1500人、強風でカナダに漂着 国境の川でイベント

参加者の救出に沿岸警備隊が出動する騒ぎとなった

参加者の救出に沿岸警備隊が出動する騒ぎとなった

(CNN) 米ミシガン州とカナダ南東部オンタリオ州の間を流れるセントクレア川をゴムボートなどで下るイベントが強風に見舞われ、参加していた米国人1500人がカナダ側に漂着する出来事があった。

イベントはミシガン州ポートヒューロンで毎年恒例となっている。今年は21日に開催された。参加者らはゴムボートやタイヤチューブで川を下っていたが、強風で流されるまま、激しいにわか雨にも襲われてカナダ側のサーニアに流れ着いた。

サーニア警察とカナダの沿岸警備隊、赤十字がただちに出動して参加者を救出した。その後、参加者はバスで米国側へ戻ったという。

フェイスブック上のイベントのページには、「素晴らしい隣人」に感謝するとの言葉が掲載された。

一方、カナダ沿岸警備隊の報道官は「このイベントには正式な主催者がいない」と指摘。「川の流れが速いうえに参加人数が多く、救命ジャケットも使っていないため、もともと危険が大きい。今年のように厳しい気象条件にさらされることもある」と懸念を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]