「トランプ難民」に朗報? カナダ移住を成功させる4つの方法

親や子どもにカナダ人がいない場合、移住を果たすのは容易ではない

親や子どもにカナダ人がいない場合、移住を果たすのは容易ではない

ニューヨーク(CNNMoney) 米国では、激しい選挙戦のさなかに多くの国民がカナダへの移住を誓ってきた歴史があるが、共和党候補指名争いでトップを走る不動産王ドナルド・トランプ氏のおかげで、今、その現象が最高潮に達している。

グーグルのデータエディター、サイモン・ロジャーズ氏によると、米国では3月2日のスーパーチューズデーでトランプ氏が圧勝した後、「how can I move to Canada(カナダに移住する方法)」というフレーズの検索数が350%も増加したという。

そして、その傾向はさらに勢いを増している。「how to move from the U.S. to Canada(米国からカナダへの移住方法)」や同様のフレーズの検索数は3月中に急増しており、3月17日までのデータによると、2月から455%も増えている。

ジョージ・W・ブッシュ大統領の2期目が始まった2005年にも同様のカナダ移住ブームが巻き起こったが、実際に多くのアメリカ人がカナダに移住したことを示す証拠はほとんどない。

少なくともその一因として、カナダへの移住が容易ではないことが挙げられるだろう。

カナダ人になるためには、自分の親や子どもがカナダの市民権を保有していない場合、時間や費用のほかに膨大な書類の作成が必要だ。弁護士に助けを求めることもできるが、移民弁護士のブルース・アレン氏によると、弁護士費用は4000~6000ドル(約43万~65万円)に上るという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]