体長3メートルの巨大ヘビ、住宅街に出没 米メーン州

巨大なヘビの抜け殻が見つかった

巨大なヘビの抜け殻が見つかった

(CNN) 米メーン州の住宅街で体長3メートルもある大型ヘビが目撃され、警察が住民に警戒を呼びかけている。

ヘビは同州ウェストブルックで今年6月にビーバーと思われる大型哺乳類を飲み込む姿を警官が見て以来、目撃情報が途絶えていたが、8月20日になって巨大な抜け殻が発見され、まだ周辺に潜んでいる可能性が強まった。

ウェストブルックの住民はこのヘビを「ウェッシー」と命名。ツイッターには専用ページが開設され、ユーチューブではウェッシーのテーマソングまで登場した。

ウェッシーが初めてウェストブルックに出没したのは今年6月。児童公園付近で住民が見かけたのに続き、同公園付近をパトロールしていた警官2人が数日後、ビーバーと思われる大型哺乳類を捕食し、川を渡って泳ぎ去る姿を目撃していた。

8月20日には、住民がこの川の近くで巨大なヘビの抜け殻を発見して警察に通報。駆けつけた警官が抜け殻を回収し、専門家に依頼してヘビの種類などを調べている。

ウェッシーがニシキヘビなのかボアコンストリクターなのか、いまだに正体は不明。いずれにしても警察は住民に対し、野生生物に近付かないよう呼びかけ、ヘビを見たら警察に通報してほしいと促している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]