地上300メートルのガラス張り滑り台、LAのビルに登場

ロサンゼルスの街並みを見下ろすガラス張りの滑り台が6月に開業予定=OUE Skyspace Los Angeles

ロサンゼルスの街並みを見下ろすガラス張りの滑り台が6月に開業予定=OUE Skyspace Los Angeles

(CNN) 米ロサンゼルス市内の超高層ビルに、地上300メートルの高さで下界を見下ろしながら滑り降りられる全面ガラス張りの滑り台が登場する。

滑り台はロサンゼルスのUSバンクタワーで6月をめどに開業予定。建物の70階から展望デッキのある69階へ滑り降りることができる。入場料は8ドル(約900円)。

同タワーでは5000万ドル(約57億円)をかけた改修プロジェクトが進行中で、展望デッキも新設される。

ガラス張りの床は米グランドキャニオンの展望デッキ、シカゴのウィリスタワー、ロンドンのテムズ川に架かるタワーブリッジなど、世界各国で相次いで登場。観光客らが足元に広がる光景を楽しんでいる。

年内には中国の湖南省に世界最長のガラス張りの橋が開通する。ここには世界一高所のバンジージャンプも併設されるほか、橋の上でのファッションショー開催も予定されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]