絶滅したシマウマの仲間、100年ぶりに復活? 南ア

絶滅したシマウマの仲間、100年ぶりに復活?

(CNN) 100年以上前に絶滅したシマウマの仲間「クアッガ」の復活を目指している南アフリカの研究チームが、クアッガにそっくりな個体を誕生させることに成功した。

クアッガはシマウマのような姿をしているが、縞(しま)があるのは上半身のみで、胴体の後部は茶色みがかっている。かつて南アフリカに広く生息していたが、欧州からの入植者による乱獲で個体数が激減し、生き残っていた最後の1頭が1880年代に死んだ。

ケープタウン大学の研究チームはこの種を復活させようと「クアッガ・プロジェクト」を始動。同大のエリック・ハーリー教授によれば、残されたクアッガの皮膚を調べたところ、クアッガはサバンナシマウマの亜種だったことが分かった。

このため研究チームでは、クアッガを特徴付ける遺伝子はまだシマウマの遺伝子に存在しているとの仮説を立て、この特徴を出現させようと交配を繰り返した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]