写真特集:世界で最も醜い動物?

2013.09.14 Sat posted at 12:38 JST

[PR]

英国の生物学者兼テレビタレントで、醜い動物保存協会の「終身会長」を務めるサイモン・ワット氏が19日夜、同協会の新マスコットを決める投票の結果、ブロブフィッシュが選ばれたと発表した

東南アジアのボルネオ島に生息するテングザルは、大きな鼻が特徴

メールマガジン

[PR]