先史時代の王墓を発掘、1400点超の宝物が出土 ギリシャ

2015.10.28 Wed posted at 19:39 JST

[PR]

(CNN) ギリシャ南西部のピュロスで、約3500年前の青銅器時代に葬られたとみられる王族の墳墓が発掘された。同国文化省が28日までに明らかにした。

同省は人骨のほか、青銅の刀剣や金の宝飾品など1400点を超える副葬品が出土したと発表。単独の墳墓からの出土品としては国内最大の規模だとしている。

発掘したのは米シンシナティ大学が主導する考古学の研究チーム。ピュロスにある宮殿跡の近くを掘り進めるうちに、手つかずの竪穴式墳墓を発見したという。

中からは青銅器時代の王族とみられる人物1体の骨に加え、女神や動植物をかたどった金の指輪やネックレス、杯、複雑な模様が彫られた50個を超える印章石などが出土した。

これらの品々には、ピュロスの南東に位置するクレタ島で栄えた古代ミノア文化の様式が取り入れられているという。欧州文明の起源を探るうえで重要な発見だとして、考古学界には驚きと興奮が広がっている。

墳墓に埋葬された人物について、シンシナティ大学のシャロン・ストッカー上級研究員は「現時点で特定することはできない」と説明。ただ極めて地位が高く、かつ裕福な人物だったとみられるとの認識を示した。

メールマガジン

[PR]