バンコクの青空に白い閃光、動画投稿相次ぐ

バンコクの青空に謎の火の玉

(CNN) タイの首都バンコクで7日午前、正体不明の白い閃光が観測され、車載カメラなどで撮影した映像が相次いでソーシャルメディアに投稿された。

閃光が現れた時間はラッシュアワーと重なり、市内各所で目撃された。車のダッシュボードのカメラでとらえた映像には、青く晴れた空を白い光が貫き、一瞬強い光を放った後に落下する様子が映っている。

タイ国立天文学研究所の専門家はこの現象について、「地球へ向かってきた隕石(いんせき)が大気を通過して火の玉になったと思われる」と解説。映像や写真を分析した結果、地上から約100キロの上空で燃え尽きたと推測し、「重さは数キロ程度だったと思う」とした。ただし隕石だったと断定できるだけの証拠はないとも言い添えた。

地元紙はバンコクプラネタリウムの専門家の話として、気球が炎上していた可能性や、宇宙ゴミが大気圏に突入した可能性もあると伝えている。

白い光はバンコク西部のカンチャナブリ県でも目撃された。同県の当局者は、ヘリコプターなどの墜落に関する情報は入っていないと述べ、航空機の墜落だった可能性を否定した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]