火星にトカゲや巨大ガニ? 「目撃情報」が続々

火星からの写真に生き物が写っていたという「目撃情報」が

火星からの写真に生き物が写っていたという「目撃情報」が

(CNN) 岩石だらけの火星の地表に巨大ガニやトカゲや女性の姿を見つけた――。米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「キュリオシティ」から届いた火星の画像を想像力をはたらかせて丹念に調べ、そんな「目撃情報」を寄せる人が相次いでいる。

これまでに火星で見つかった物体は、人魚や信号、ドーナッツ、果てはオバマ米大統領の銅像も。最近では「不時着したUFOのように見える黒い物体を見つけた」という報告がUFO目撃情報サイトに掲載された。

8月上旬には「巨大ガニ」、7月には「火星を歩く不思議な女性」、6月には「宙に浮く岩」も発見されて話題になった。

こうした発見についてNASAの専門家アシュウィン・バサバダ氏は、「拡大して光と影を見つめると、確かに女性のように見える。ただ身長は数センチしかなく、何カ月も動いていないので、やはり女性とは思えない」とコメント。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]