「エモジ」が英辞典に新収録 クリック詐欺やNSFWも

「emoji(絵文字)」も新語として加わった

「emoji(絵文字)」も新語として加わった

(CNN) 英語辞典のメリアム・ウェブスターに、このほど「emoji(絵文字)」など1700の単語と3200の用例が新しく加わった。

新しく収録された単語は「絵文字」のほかにも、現代のライフスタイルを反映して「WTF」「NSFW」「net neutarality(ネット中立性)」「clickbait(クリック釣り)」「click fraud(クリック詐欺)」「photobomb(フォトボム=撮影中の写真に入り込む冗談やいたずら)」など、インターネットやメールに関連する用語が多数含まれている。

WTFは「What The F×××」という俗語の頭文字。「憤慨や驚き、混乱、当惑を表現あるいは記述するために使われる」という説明が付いた。

新しい単語はインターネットのほかにもグルメや食糧供給、世界経済など幅広い分野を網羅する。

グルメ分野では「出来立てのエスプレッソの上に載せる褐色をしたクリーミーな泡の層」を意味する「crema(クレマ)」や、メキシコのトルティーヤ料理「chilaquiles(チラキレス)」などが加わった。

一方、ミツバチのコロニーが突然死滅する原因不明の現象「colony collapse disorder(蜂群崩壊症候群)」といった深刻な内容も盛り込まれている。

ところで、仕事もしないでこんな記事を読んでいることを上司に気付かれてはいないだろうか。NSFWは「not safe for work(仕事中は危険)」の頭文字。アダルトサイトなど職場では見ない方がいい内容を示すのに使われる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]