ロシアの宇宙船が制御不能に、数日中に大気圏再突入へ

ロシアの宇宙船がドッキングを目指していた国際宇宙ステーション(ISS)

ロシアの宇宙船がドッキングを目指していた国際宇宙ステーション(ISS)

(CNN) 国際宇宙ステーション(ISS)に向かうはずだったロシアの無人宇宙船「プログレス59」は、当初の目的を果たすことなく数日中にも大気圏に再突入する見通しとなった。管制との交信が不可能になったことが原因だ。ISSに滞在する米航空宇宙局(NASA)のスコット・ケリー宇宙飛行士が29日に明らかにした。

同飛行士がロシア宇宙庁(ロスコスモス)の発表に基づいて述べたところによると、プログレスはISSにドッキングせず、数日中に大気圏に再突入する。NASAは、プログレスが制御不能になったと説明している。

交信が途絶えていなければ、プログレスは当初の予定通りISSに補給物資を届け、廃棄物や不要機材などを回収した後に、大気圏へ再突入して燃え尽きることになっていた。

NASAによれば、プログレスはカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から28日に打ち上げられた。しかし打ち上げロケットの「ソユーズ」を切り離した後、ロシアの管制との交信が途絶え、航行アンテナの展開といったシステム状態の確認ができなくなっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]