英国初の「バイオ・バス」発進 排泄物や生ごみ利用

人間の排泄(はいせつ)物などを燃料に利用するバスが登場=GENeco提供

人間の排泄(はいせつ)物などを燃料に利用するバスが登場=GENeco提供

ロンドン(CNNMoney) 英国西部のブリストルとバースをつなぐバス路線に、同国初の「バイオ・バス」が登場した。燃料は住民の排泄(はいせつ)物や生ごみから発生させた「バイオガス」だ。

バイオ・バスは満タンで約300キロ走る。温室効果ガスの排出量はディーゼル式に比べ、最大30%削減することが可能だ。

ブリストル空港と古都バースの間で24日から運行を開始し、今後は1カ月に約1万人の乗客を運ぶ。

バイオガスを発生させる下水処理施設の運営業者、GENecoのモハメド・サディク氏は、「バイオ・バスは地元住民の力で走る。乗客の皆さんもその一部かもしれない」と話す。同氏によれば、人間1人の一年間の排泄物で、バスを約60キロ走らせることができるという。

バイオガスは有機物がバクテリアに分解されて発生する。主成分のメタンガスと二酸化炭素は無臭なので、においの心配はない。

英国ではすでに家庭用の暖房などに使われている。専門家によると、英国内の廃棄物をすべて活用すれば、同国の燃料需要の約1割をバイオガスでまかなうことができるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]