米軍、「アイアンマン部隊」に意欲 怪力装置や発電軍靴

米軍が「アイアンマン部隊」を構想

(CNN) 米特殊作戦軍が人気映画シリーズ「アイアンマン」の主人公が身に付ける「戦闘・防御スーツ」を思わせる新たな装備品の開発に踏み切ったことが17日までにわかった。

この装備品は米国防総省の正式名称では「Tactical Assault Light Operator Suit」だが、内部では「アイアンマン・スーツ」と呼ばれているという。

このスーツへの導入が予想される技術の多くは既に開発されている。ただ、米海軍特殊部隊の元兵士によると、これらの技術は現段階であくまで個別に存在しており、アイアンマン・スーツでは合体化させての機能発揮を目指すことになる。

具体的には、米軍事関連企業レイシオンと米国防総省は過去2年間、体の外に装着して「怪力」を発揮する「外骨格」のような装置開発に従事している。この装置を付ければ、普段の能力に比べ重量が17倍もの物体を持ち上げることが可能になる。

また、「スプリングアクティブ」社は兵士の軍靴に組み込み、1歩進むごとに電力を生み、装備品の電源に充てられる装置を発明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]